ズッ友窃盗話3話です。



013




014




015




016




017


こっわ!!
今考えてもこれはゾッとするよ!

人の物を盗っておいて、カードでお金を引き落としているのに全くそんなそぶりも罪悪感も見せないトル子…。



カードはすぐに止めました

どっかで落として盗まれたのかなあ…としか当時は思わなかったよ。
あんまり記憶がないけど、警察に紛失届はしたのに何故か引き出されたことは言わなかった気がします。

そこまで頭は回らなかった。何も考えてなかった。
10代の私の頭は今の1000倍は空っぽだった…!

どっちみちカードだけ出てきても止めてるから使えないんだけどさ…。


高校生の4万円ってデカすぎだよ。
高校生の欲しいものならなんでも買えちゃうよ。


つづく!


「窃盗話」最初から読む↓



インスタアイコン



★読者登録してねー!★
ヘッダー6
勝手に通知が来るけどウザイのは我慢しよう!

ブログランキング・にほんブログ村へ