ズッ友窃盗話⑨です。


★前回★






062





063





064





065





067


親友との今まで遊んだ記憶
楽しかった思い出
話した事

全てが急に無くなった。

喪失感で胸の中に大きな穴が開いたのと、こんな事で終わるのか、
という絶望感でいっぱいだった。


とにかく悲しくて仕方なくて、沢山泣いた。





しかし…




068





金返して謝れば全て収まると思うんじゃないぞ…


さあどうしてくれようか…!





つづく



【窃盗話】最初から読む↓



良かったらインスタも見てねー!
インスタアイコン
★読者登録してねー!★
ヘッダー6
勝手に通知が来るけどウザイのは我慢だよ!


にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ