私が離婚をした話⑥です。
今からずっと昔の過去話です。


【前の記事】




131





132





133





134





135





136





137





138




当時は、私の要望やわがままを何でも受け入れてくれるからなんて優しい人なんだろう!
って思ってた。

父親みたいに、自慢話や人の話を聞かないタイプは絶対嫌だなって思ってたのも、判断を間違えた要因でもあるかもね。


今考えると自分の意見が全くない人だったんだ…って分かる。




そして会って5回目で「あれ…?この関係はなんだろ…?」と不思議に思い出した。

告白もなにもそもそも彼女もいるかどうかも聞いてないし、ただの遊びかもしれない。
かといってこの時点で手すら握ってもないし、何も手も出してこないので遊びもなにもないんだけどw


とりあえずこの関係をどうしたらいいか、一人でモヤモヤしていくばかりだった…。




つづく


【離婚話を最初から読む↓】
【別のお話】最初からまとめて読む↓インスタアイコン
★読者登録もしてねー!★
ヘッダー6


にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ