私が離婚をした話⑦です。
今からずっと昔の過去話です。


【前の記事】






139




140




141




142




143




144




145




146



思い通りにならないからって、男とこの前で泣くってのは卑怯だとは思うんだけど、この時は悲しいという気持ちではなくて、いい歳した大人が何もしてこない、何も言ってこない…とガッカリして泣けてきたってのが正解かな。



これは人それぞれだけど、最低でも3回くらいでデートすれば必然と告白してくるなゲヘヘ…
と思ってたとこもあったよ!若かったね。
(告白のタイミングの平均は良く分からないけど)


やっぱりどうしても感情は言葉にしなきゃ分からないってのもあって、ひたすら無言になってるUMAの態度がすごく嫌だった。
でも余計な一言を言わないように、という彼なりの優しさなんだとは後々分かった。

けどそれがその場で伝わらないと意味がないよね…。




つづく


【離婚話を最初から読む↓】


【別のお話】最初からまとめて読む↓


インスタアイコン
★読者登録もしてねー!★
ヘッダー6


にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ