こんばんは!
重症悪阻になった話⑬です

※ひたすら吐く描写が多い漫画なので嘔吐恐怖症や苦手な方は注意!※


前回のお話↓






391





392





393





394





395





396





397





398




自宅の方がもちろん落ち着くので帰宅は楽しみにしていたけどこの時は心底ガッカリしたよ…。
(そして出産後も同じことを繰り返す旦那)

平日だから仕事とかもあるし片付け間に合わなかったのかもしれないけど、そりゃねえよ…って感じだよ。



そしてようやくようやく希望という一筋の光が……!!

もちろんまだまだ終わる予感もしないし、相変わらずろくに食べ物は食べられないんだけど、吐く回数が明らかに減った…?という変化を感じたのがこのころだった。


やっぱり少し前は意識もろくに無いし、自分が生きることで精いっぱいで、頭の中も赤ちゃんのことは微塵も考えられなかった…。
初産だし、赤ちゃんがどれくらい可愛いかなんて分からなかったせいもあるのかな。


というわけで早く終われこの地獄よ…!!


⑭へ続く




゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

【ほかの話 不倫話をまとめて読む↓】




このブログの作画は公式ブロガーの鳥頭ゆばさんに描いて頂いています!


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

インスタアイコン

★読者登録もしてねー!★
ヘッダー6


にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ